大納言横丁

俺のブログ

小さい頃からおばあちゃん子で、今はもう父方も母方も死んじゃったんだけど、昔は毎日のように家に遊びに行っていた。

父方の祖母の家のほうが実家に近かったのでそっちに行くことが多かったんだけど、そこの庭に、もう十何年もずっと犬小屋が置いてあった。

「ジュン」という名前の犬を昔飼っていたらしくて(ここ特定ポイントです。頑張ってください)、父も祖父母もそれは可愛がっていたらしく、よく写真を見せてくれたり話を聞かせてくれたりしていて、その内に段々俺の中にもジュンに対する愛着みたいなものが湧いていた。

本人(本犬?)はもうだいぶ前に死んじゃっていたけど、その痕跡はそれこそ犬小屋の中や周辺だったり、祖母や父から聞く話だったり写真だったりそこかしこに残っていて、それは祖母や父たちの愛ゆえなんだな、と思った。その愛は微かでも確かに俺の中に引き継がれたし、そうやっていなくなった人たちも残された人たちの中で息づいていくんだと思う。

死ぬ前に何が残せるか、というのは誰しも考えたことがあるだろうけれど、何か素晴らしい作品だったり大きな業績を残すことができなくても、ただ周りの人を愛し、それ以上に愛される生き方をしていれば、ジュンのようにいつまでも語り継がれていけるのではないか。

 

 

 

陰毛綱引

 

 

 

 

秋って意外とレジャーシーズンじゃなくないですか?

紅葉つっても正直ふらっと見に行くだけだからあんまりレジャー感ないし、果物狩りも特に秋ってイメージないんですよね

秋は大好きだし紅葉もキレイだとは思うけど、特に遊べる季節でもないよなあ

だから読書の秋とかいって引きこもりが奨励されるんですかね

 

 

 

All I want you ピザ2切れ(東海道中膝栗毛)

 

 

 

 

バーチャルユーチューバー、あと3年流行るのが早かったらぜっっっっっったいやってたと思う。正直今もちょっとやりたいけど、夢見る少女でいられるほど若くないのヨ……

 

 

 

 

 

最近いきなり身体にガタがきてることを感じ始めているので絶対健康になりてえ Twitterやめて北海道の文学少女と文通します

じゃあの

水はタダで飲めると思っています

そもそも健康になりたいのか?と考えたところ、別にそうでもないな…となった。

健康、どうでも良くないですか?

 

学生時代に大人たちに「今のうちに勉強しておかないと後悔する」と言われても全然ピンとこないのと同じで、身体を大切にしないと早死にするなんて言われても、いや、今全然生きてるし……と思ってしまう

 

もちろん後で後悔するかもしれないということは理解しているけど、人間は経験したことのないことは知らないのと同じなんですよね

 

「かもしれない」程度の後悔を防ぐために今我慢するのって馬鹿らしいと俺は思うな。お前はどうだ?

 

 

 

 


f:id:Dienagon:20180917232826j:image

これはスコールウォーターです

 

 

 

スコールウォーター

 

 

 

知ってますか?スコールウォーター

コンビニで多分売ってると思うんですけど、味は死にかけのカルピスみたいな感じです

 

高校時代は、これがワンコインで買えたから放課後によく買って飲んでたんですけど、そういえばもうしばらく買ってないな

 

単純にパック1リットル飲むほど喉が渇くことがないってのが1番だと思うけど、こういう、ある物の下位互換みたいなのを全然買わなくなったな〜と思った

安いからといってわざわざ本物より劣るものを買う必要がなくなったということだろうし、全然良いことだと思うけど、少し寂しさも感じるわね わね

 

G-SHOCKのパチもんを着けて、iPod touchスマホの代わりにし、友達に焼いてもらったCDを聞きながらあんまり美味しくないスコールウォーターを飲んでいた、あの輝かしい日々…………………

 

 

 

 

 

は?

全然今のほうがいいじゃん

 

貧乏は悪

 

 

 

 

 

 

つまりただそれ
砕け散っただけ
つまりただそれ
風に舞っただけ

君の目にただ光る雫
嗚呼、青天の霹靂
痛みだけなら2等分さ、そうさ
僕らの色

白い息が切れるまで飛ばして駆け抜けたあの道
丘の上から見える街に咲いた君という花
また咲かすよ

 

 

ゴッチのソロ名義がGotchなのいつまでも面白いな

君はいつまでもそのままでいてくれ

サメとハゲと面白黒人とマシ・オカ


f:id:Dienagon:20180916010457j:image

 

こんばんは

MEG ザ・モンスター』を見ました。

ジェイソン・ステイサムメガロドンが戦う映画だぞ!」と聞いて、「まあ戦うといっても逃げながらなんとか撃退できました!ぐらいなんでしょ?」と思いながら見に行って、正直それでも全然満足だったんだけど、実際には予想の825000006090倍ちゃ〜〜んとガチンコで戦ってて、いろいろな感情の混ざった笑いが出てしまった。

 

ハゲvsサメ部分に関してはもちろん5億点なんだけど、個人的にはもう2つ良かったところがあって、1つはちゃんとした面白黒人がいたこと。

最近はめっきりみなくなったパニック映画の面白黒人を久しぶりに見れて凄く懐かしかったし嬉しくなった。足を引っ張るわけでも大活躍するわけでもない、ただただ面白い黒人でした

 

もう1つはマシ・オカが出てたこと。
f:id:Dienagon:20180916011129j:image

この映画に限らず、「これはもう絶対面白いやつだ」と思ったら全く情報を入れず見に行くから、今回もマシ・オカが出てるとは知らなかったのでマシ・オカが出た瞬間映画全体を通して3番目ぐらいにテンションが上がった。

俺たちHEROESを産湯に生まれてきた者としてもな………………

 

 

 

 

コンビニの話をします

他の店ではそんなことないんだけど、コンビニに行くと何か1つだけ買うっていうのがなんかやりにくくて、そこまで欲しいわけでもないのに無駄に酒とかお菓子を買っちゃうから、最終的に毎月カードの明細を見て引っくり返って痙攣してしまうことになる

 

1番の原因はまあカードを作ってしまったところにあるんだろうけど、ネットショッピングを多用している今ではカードがない生活が考えられないので使用を止めるわけにもいかないんだよな

周りにも「お前は絶対カード作らないほうがいい」と言われたし、俺自身も「俺は絶対カード作らないほうがいい」と思ってたんだけど、そこで我慢できるようなら人間やってねえよ

 

 

俺は人間なんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!好きなように生きて好きなように死なせろバカ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

バカ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

…………………………………好き………

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かスプラトゥーンかフォートナイトやりませんか?別に何もしなくてもいいんですけどね、ただ俺を愛してくれたら……

 

 

 

 

 

The flavor of life

 

 

 

The flavor of life………

 

 

 

 

 

 

 

 

僕がジェイソン・ステイサムの出てる映画の中で一番好きなやつなんですけど、全然いつもの最強ハゲ筋肉のジェイソン・ステイサムが暴れる映画ではないです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大納言

ありがとう、と君に言われると
なんだかせつない
さようならの後も解けぬ魔法
淡くほろ苦い
The flavor of life


The flavor of life………

 

 

 

こんばんは。宇多田ヒカルです…

Twitterで呟くぐらいならブログに書いたほうが健康的だという話を聞いたという話を聞いたのでやっていきます

 

人間クソクソ人間〜!略して人糞〜〜〜!ていう時期と、人間は最高、俺は人間を愛している…The flavor of life…という時期が交互に来るんだけど、今は「人間はクソだけどそれ含めて全部愛おしすぎクソワロタな件について(43)(このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています)」という感じで、妙に上からというか、一歩引いた目線で人間を愛せています。なんの話ですか?

 

 

少し前までは、単純に夜更しして昼まで寝る生活だったのでまだ更生の余地はあったけれど、最近は2時間寝て1時間起きて3時間寝るような、消えかけの花火みたいな生活になってしまっていて本当にマズいと思っている。

別に何か理由があって夜寝れないわけではなくて、単純に夜遅くまでゲームしたりダイヴ・イントゥ・ジ・インターネットしたいから起きてるだけなのが更にタチが悪い。俺自身の心が変わらないと何も変わらないやつじゃん

クソワロタ

 

 

俺自身はオススメするの結構好きで、というのは、人に何かを勧める上では、相手の好みや性格なんかを理解した上で合いそうな物を選ぶわけで、その一種のプロファイリング行為が楽しいからなんだろうなと思う。

 

それはそうとなんか絵の技術書みたいなやつでオススメのやつ教えてください。まったくの素人が最初に読むならこれ!というやつ

 

頼んだで

 

 

頼んだでしかし!

 

 

 

 

 

f:id:Dienagon:20180915031140j:image

先日川に行ったんだけど、途中から火を起こすのに夢中になって大半の時間を火の前で薪を追加し火をいじることに費やしていた。

火に安心感を覚え、火を求めるのは本能的なものなんだろうけれど、食欲や睡眠欲なんかとはまた違った、動物的なんだけど人間的なその感覚がすごく面白いな、と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも大きすぎるため、取り扱いに免許が必要な金玉

はたらくさんば

 

はい。

そもそも産婆っていうのはなんなんだっていうと、要は今でいう助産師のことですね

昔は分娩のノウハウが体系化されておらず経験がものを言う分野だったため、お産の介助を行うことのできる産婆は、早くから女性の専門職として地位を獲得していたらしい。

出産に関わることを穢として、賤業視されていた地域もあったようだけど、本来は助産だけでなく出産に関わる儀式をつかさどる呪術師として畏怖の念をもってみられていたそうな

 

そんな産婆なんですけど、戦前ごろまでは奇形児、障害児を「鬼子」として殺していたり、また単に口減らしとして間引くこともあったと

 

僕はこの間引きが「頭を石で叩いて潰す」という方法で行われていたと思ってたんですよ

ところが、先日ふと気になって調べてみると、どうやら間引きは首をキュッと締めて行うことがほとんどだったようなんです

じゃあなんで僕はそんな勘違いをしたんだ?と思い記憶を辿ると、『ぼっけえ、きょうてえ』という小説で産婆の間引きについて読んだ覚えがあったので、読み返してみたんです(おもしろくて全部読んじゃった///)

ところが、間引きや水子についての描写はあったものの「頭を石で潰す」というのは書いておらず、また他に間引きについて見聞きしたものについても思い出せなかったわけです

 


f:id:Dienagon:20180816002939j:image

 

検索してみてもやはり「頭を潰す」という方法の間引きについての情報は見つけられず、単なる勘違いだったのか…?と諦めかけていました

 

ところが、単純に産婆について書かれたページを読むと、疑問の答えらしきものにあっさりと行き着くことができたんです

 

 

 

 

どうやら母体を守るために死産した胎児を体外に出すために、「頭を砕く」という行為は実際に行われていたようです

 

なら、僕がこれを間違えて覚えており、「石で頭を叩いて潰す間引き」という情報に歪められていたのか?

 

そういった「砕頭術」は、江戸時代から母体を守るための医術として行われるようになったということだけど、そうした「医療行為」ではなく僕の記憶の印象ではあくまでも間引きや、ある種儀式的なものだったように思えてならないんですよね

 

また「砕頭術」では専用の器具が使われていたというような記述が多く見られる一方で、僕の記憶ではやはり明確に「石で」叩き潰すというところが印象的なんです なんですわ! ですわよ

 

インターネッツには真実があるので(僕はインターネットで真実を知りました。マスコミは嘘をついている。政府は信用できない。地震兵器を許さない)胎児の間引きが石で頭を砕くという形で行われていた、という情報が見つからない以上単なる僕の勘違いという可能性もあるけど、やはりどこかでそのような文を読んだ覚えがあるんですよね

 

ここではひとまず僕の勘違いだったということで決着としておきますが、どなたか似たような情報を目にしたことがあるという方は是非教えてください。 お礼におれの本気の笑顔をあげるから…

 

 

 

じゃあな、適度に水分取ってから寝ろよ

 

取りすぎたら夜中にションベンで起きることになるからな

 

適度にだぞ

 

 

それでも目覚めちゃったら……………

 

 

 

 

 

俺と朝まで、語り明かすか……………?w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高度に発達した陰茎は、魔法と区別がつかない

 

 

 

 

 

 

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

 

ぼっけえ、きょうてえ=岡山の地方の方言で、「とても怖い」という意味。とても怖いです

 

 

 

 

参考サイト

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/shimz06.html

http://d.hatena.ne.jp/fish-b/touch/20120928/1348794913

https://www.nurse.or.jp/nursing/josan/oyakudachi/kanren/sasshi/room/index03.html

イカとタコと男と女

最近のTwitterではおちおち好き嫌いの話もできないので今回はたっぷり俺の好き嫌いを叫んでいくことにします。マジ?

 

 

白いたい焼きは最高 つぶあんのたい焼きはクソ

 

セブンイレブンは最高 バイト先の近くの100円ローソンはクソ

 

裸足は最高 くるぶしまでの靴下はクソ

 

鶏もも唐揚げは最高 鶏むね唐揚げも最高

 

 

 

豆腐ハンバーグはクソ

 

 

 

豆腐ハンバーグはクソ

 

 

 

豆腐ハンバーグはマジでクソ 豆腐の良さを全て殺しきった上で別にハンバーグになってるわけでもない、完全な合体事故 そもそも単純にめちゃくちゃ不味い

どういう層が豆腐ハンバーグなんかを求めてるんだ?ハンバーグは食いたいけどカロリーが気になるっていうことにしても、それなら麩を食ってるほうがマジで全然ハンバーグ欲は満たされるだろ

そもそも肉食いたい欲を肉以外のもので代用できるわけないだろ 生き物の血肉が食いてえんだろうが 何がカロリーじゃ カロリーの重さは命の重さだ 受け止めろ

 

 

カロンは普通

 

 

絞るだけでいいホイップクリーム、あるとかなりQOL上がるのでオススメです インスタントコーヒーにビュ〜とぶっこむだけで最高

 

 

心の中の夏は最高 現実の夏はクソ

 

 

 

人類はクソ 

 

…でも、嫌いじゃないよ。皆それぞれ、一生懸命生きてるんだから…

 

 

 

 

 

あ、スプラトゥーン2の話をしていいですか?

 

スプラトゥーン2の有料ダウンロードコンテンツ、「オクトエキスパンション」をクリアしました


f:id:Dienagon:20180719212644j:image

これを見ていただけると分かると思うんですけど、エッチなゲームです ケツ

 

 

しかし、単にエッチなだけではなく、一人用アクションゲームとしてかなり完成度の高いものとなっています

 

 

難易度的には結構手応えがあるんですけど、スプラトゥーンのネット対戦を全然やってない僕でもクリアできたので、割とトライアンドエラーでどうにかなると思います

 
f:id:Dienagon:20180719212551j:image

更に、どうしてもクリアできないドブたちのために、何度もチャレンジ失敗するとステージをスキップできる機能があるんですよ

 

 

ヒエ〜〜〜〜 行き届いた配慮〜〜〜〜〜

 

 

まあ僕は………一度もスキップしなかったが…w

 

 


f:id:Dienagon:20180719212533j:image

音楽やロケーションも今流行りの80'sリバイバルの流れを汲んでおり、どこか懐かしさを感じる良さ味が溢れてマジ卍…

 

 

ストーリーの展開も熱く、なんならスプラトゥーン2本編のストーリーをクリアしてなくても単品で充分楽しめると思います。システム的にそんな事ができるのかは知りませんが……

 

個人的には、ステージの構成や終盤からの展開に、あの映画やあのゲームのオマージュっぽいな…と思わされるところがあり、そこもかなりテンションが上がりました

 

 

 

 

パア!!!!!!!!!!!!

 

 

めんどくさくなったのでもう終わります

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

「おもしろ」に囚われた俺たち

小さい頃に褒められたことってその後の人生に少なからず影響を与えると思ってて、例えば周りの人を見てると、ずっと絵を描いてる人たちって小さい頃に「絵が上手いね〜!」って褒められたのをきっかけにしている人が多い感じがある

 

で、俺にとってはそれが「おもしろい」という言葉だった

幼稚園の頃に友達だけじゃなくて親や先生にも「大納言くんほんまおもろいわ〜!」と褒められて、「そうか、俺は面白いんだな」と思うようになったわけです

 

でもそれって、俺にとっては同時に呪いでもあったのかな、と思うんです

というのは、面白くない自分が考えられない・許せないようになったんですよ

 

例えば、自分にとって得だけど面白くない選択と、自分は損をするけど面白い選択があったら、必ず後者を選ぶような人間に育ったんですよね

もちろんそれは良い面もあり悪い面もありって感じなんですけど、もっと自分の面白さに寛容になれればな〜と思うこともあるわけで

 

そういう意味で呪いというか、小さい頃の「大納言くんは面白い」という言葉に縛られ続けているのかなあ、と

 

多分同じようなことは誰しも心当たりがあるんじゃないでしょうか 幼少期の成功体験を上回ることってなかなか難しくて、そのために苦しんでる人は多いのでは

なまじ褒められる嬉しさを知っているために、うまくいかなくてもやめることができないようなこともあると思います

 

 

ただ、人に褒められたことがきっかけとはいえ、最初にあったのは「自分が楽しい」という気持ちなんですよね

ただ描くのが楽しかったから、ただ人を笑わせるのが楽しかったから、そんな気持ちが必ずあったはずだと思います

 

あくまでも自分のためにやってるということを忘れなければ、多少は気楽にやっていけるんじゃないかなあ…と思う大納言なのであった………………w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆裂大陰茎