大納言横丁

俺のブログ

いつから女の子と手を繋いでもちんちんがムズムズしなくなったのだろうか

ブコメ漫画とか読んで「こんな青春俺にはなかったわ……………」みたいなこと言う人多いけど、別に彼女がいなくてもモテなくても、誰かに恋をして、好きな人を見てるだけで楽しくて、少しでも近づきたくて恥ずかしいことしたり考えたりするような、そういう経験って誰しも一度はあるんじゃないかな

 

極端な話恋愛って一方通行でもできるわけじゃないですか だから彼女がいた青春がなくても誰かを好きだった青春があるだけで充分だと思うんですよね

 

まあでもホントに学校が楽しくなくて周りを気にする余裕もなかったような人は片思いをする暇もなかったのかもしれないですね そんな人がラブコメ読むか?という気もするが

 

ていうかそもそも現実じゃ体験できないようなことを楽しめるのがフィクションの良いところじゃんね 俺たちには高身長モデル食いしん坊巨乳距離バカ近黒髪ロング図書室での交流がいつの間にか当たり前になっていた同級生の女の子との思い出はないけど、だからこそ楽しいんじゃん

 

 

 

市川!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!山田!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

恋もして(Woo Baby) 仕事して(Woo Baby)

歴史きざんだ地球

泣いちゃった(Woo Baby) 腹へった(Woo Baby)

 

LOVE REVOLUTION 21

 

(Woo Love Revolution)

(Woo Love Revolution)

 

 

 

 

 

 

実らなかった恋も振り返れば良い思い出、ということですね

 

俺もおまいらにとって、良い思い出になれればいいナ………

 

こんばんは 大納言です

 

 

 

 

 

デトロイトビカムヒューマン……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………面白すぎ、ワロタ

 

 

 

ヘビーレインの分岐が三叉路ぐらいだとしたらデトロイトの分岐は毛細血管ぐらい複雑で、チャプターの節目ごとにフローチャートが見れるんだけど、そこで分岐すんの!?とかえっそこ2択じゃなかったの!?、?!?みたいな驚きが毎回あって、自然と2周目3周目をやりたくなるようにできてると思う

 

ただまあ俺は自分の選択に責任を持ちたいという気持ちもあって、だから1周目のエンディングだけを受け入れようかなとも思ってます まあまだ1周目終わってないんですけどね

 

 

 

皆はマルチエンディングのゲームやる時、悪いエンドから見る?良いエンドから見る?

 

俺は昔は1番悪いのから見る派だったんだけど、それだと周回が面倒なゲームなら1周目で萎えちゃったりするんだよね

 

だから最近は1周目で一番良いエンド目指してプレイするようにしてる まあベストエンド見るのに周回必須だったりもするのだが………………………(ヲイ

 

 

 

普通にクリアしたら犠牲もあったけど一件落着だね!ってエンドなんだけど、条件を満たすと全員生存でベストエンド!みたいな形が一番俺は好きかもしんない それだと周回必須じゃねえか 別に悪いとは言ってねえだろ…

 

 

 

コンビニで1000円超えの買い物するのをやめるよう努力することを始めようという気持ちを持ち始めることができたらいいな、と思っています

応援してください

 

 

 

 

 

今日はここまで!感想ちゃんと書いてないと出席に含めないからな

 

じゃ、解散

 

屹立

コンビニのタピオカ、地味に置いてるとこ少なくてここ何日か家の近くのコンビニをちょくちょく回ってるんだけど全然見つからない

 

最初は別にそんな飲みたいわけじゃなかったし、普通に駅の近くに行けばちゃんとしたタピオカ屋あるんだけど、1度コンビニのタピオカ飲みて〜〜〜と思ったのにいざ全然飲めねえとなると意地でも飲んでやるという気分になってきてる

俺の言うことを聞かない女おもしれー女理論と同じですね

 

 

 

言うことを聞くし面白い女 言うことを聞かないけど面白い女

言うことを聞くけど面白くない女 言うことを聞かないし面白くない女

 

 

 

 

 

 

 

大納言です チャス

 

 

 

メギド、ハジメドキ

 

 

 

今回は頑張ってインターネット以外の話をしようと思います

 

 

インターネット以外の話

 

 

最近マジでうんこのキレが悪くて、いやキレが悪いというか一回で出尽くさないんですよね

1度トイレから出ても10分ぐらい経つとまたトイレに足が向かうから最近は常にトイレの扉の前で過ごしてます これ何なんすかね?便秘ともまた違う気がする

 

 

 

 

インターネット以外の話、うんこの話しかありませんでした

 

 

俺は………皮袋にインターネットとうんこを詰めて人の形に成型したインターネットうんこ人間……………………

 

 

 

 

ずっと思ってることなんだけど、言語化を諦めたくないな〜という気持ちがあって

例えば映画を見て面白かった、と一言で済ませるのは簡単だけど、どこがどう面白かったのかを言葉にするのって作品を解釈する上ですごく大切だと思うんですよね

 

他にも好きなキャラのどういう所が好きなのかとか、かわいい!すき!って思考停止せずにどういうとこが好きなのか考えていくことでそのキャラの内面までちゃんと解釈できるし、それによって「俺はこういうキャラが好きなのか」と自分の嗜好を確認することもできるんだと思う

 

だからエモいとか尊いって言葉があんまり好きじゃなくて、○○が○○で○○なのがエモい、みたいに結論として使うにはすごく便利というか一義的じゃない色んな意味を持たせられる言葉だとは思うんだけど、一言で済ませられるほど便利だからそこで終わらせちゃう人が多いな〜と思う

 

 

言語化しきれない良さがあるんだとしても、「なぜその良さは言語化できないのか」ということについて語ることはできると思うので、しょうもないオタクたちの中でせめて俺だけでも言葉にすることを諦めたくないという気持ちがあります

なんで急に攻撃的に? オタクキショいし………

 

 

まあでも結局Twitter病というか キャッチーで分かりやすく短い表現が好まれる土壌だからそういう表現ばかり目につくというのが大きいとは思うけどね チンポ

 

 

チンポといえば、幼い頃に見た父の男性自身は丸太のごとく太かったはずなのに、最近久しぶりに見ると俺のより全然小さくて、その記憶とのギャップに生きてきて1番 俺、大人になったな……………と感じた

 

 

 

 

男性自身、チンポの呼び方で一番好きかもしれない

 

 

 

ありがとうございました

 

 

 

英語わからない人でもキューカンバーって聞くとなんとなく察せると思う

実は、って言うほどのことでもないんですけど

同人誌ってものを1冊も買ったことがないんですよね 割ったことならあるとかいう話ではないです

 

まあ理由の大半は金がないからってことなんですけど、つってもイベントごとに2,3冊ぐらいは買う金あると思うんですよね 多分 あると思いたい

じゃあなんで買わないかってまあ会場行く金無いとか通販やってないとか色々あるんですけど、1番は欲しい本の中から2,3冊を選ぶことで他の本を選ばないっていうのがなんか 嫌というか もったいないな〜みたいに思うんですよね

 

いや1冊も買わねえほうがもったいねえだろハゲ死ね!って思うかもしれませんけど あ?ハゲっつったか今?殺すぞ

こう…なまじ欲しい本がある程度定まってる中それらに順序つけるのもヤだし、全部買わないことで全部平等に欲しかったな〜〜〜って思える方が自分的には楽なんですよね

 

 

鈍感系ハーレム主人公が終盤で「本当は皆の気持ち分かってた…でも誰か一人を選ぶことで今の関係が壊れるのが怖くて………」みたいに言い出すやつと同じです アレなんなんですかね?ハーレムでいいじゃねえか 殺すぞ

 

 

ゲームとか映画ならその時選ばなくても後からいくらでも楽しめるけど、同人誌って生ものみたいなとこあるじゃないですか、生ものってそういう生ものじゃないですよ

皆がみんな再販とかしてくれるわけじゃないし、そういう意味では一期一会で、人々との出会いと同じですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……ハハ

 

こんな優柔不断な俺のこと……………嫌いになったよな……………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女「……はぁ、今さらそんなこと?」

 

……お、女さん!?

 

幼馴染「まったくよ、男くんが優柔不断なのは昔っからだし…私も……そんな君のことが……///」

 

お、幼馴染………

 

 

後輩「ま、先輩ごときの悩みなんて私の愛の前ではちっぽけすぎて鼻息で飛んでっちゃいますよ」フンス

 

 

後輩………お前まで………………!

 

 

先輩「そうそう、男くんはそのままの男くんでいいのだ」

 

 

妹「お兄ちゃんはダメダメでナヨナヨなのがお兄ちゃんらしいんだし!」

 

 

不良女「ったく………アタシもなんでこんなやつのことを………///」ブツブツ

 

 

 

み、みんな…………………!

 

 

 

 

 

………ありがとな、皆…………俺…………………

 

 

 

 

 

絶対みんなのこと、幸せにしてみせるぜ……………………!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロメア、正直そんなに期待はしてなかったんですけどあそこまで欲しい展開見せられたら満足せざるを得ませんでしたね

 

カツカレー食いながら「やっぱ餃子にしとけばよかったかな〜」と思ったら餃子がスッと出てきて、2個ぐらい食ったあたりで「なんか唐揚げ食いてえな」と思うと唐揚げが出てくる、みたいなのが50回ぐらい続いて最終的に全部口に詰め込まれるみたいな映画でした 分かりにくいですね は? 

あと音楽めっちゃ良かったね Superflyは神

 

 

 

あとアレ 北村龍平ダウンレンジって映画見ました

 

謎のスナイパーに狙われて追い詰められていくソリッドシチュエーションスリラー!低予算映画!ってちょっと映画見る人だと800000000回ぐらい聞き覚えのある上に期待値マイナスになるようなフレーズだと思うんですけど、想像以上にちゃんと面白かったです

 

シチュエーションの説得力と悪趣味さ、スラッシャー役の得体のしれなさ、あと低予算ながらもゴア描写にも気合入ってて楽しめました

まあ別に気にならないなら見なくてもいいです

 

 

 

ほ…………ホントなんだから!別に……アンタにあたしの好きなもの知ってもらいたいとか………そんなんじゃ…………

 

 

………なんでもないわよ!バカ!スケベ!変態!

 

 

 

 

 

(やれやれ、スケベと変態で意味がかぶってるぞ)

 

 

 

 

 

おわり

おじいさんなのかおばあさんなのか分からなくなるちょうどボーダー上の人

小中学生の頃は本当にすぐ鍵を失くす子供で、ドアの前に座り込んで家族の帰りを待つことがしばしばあったんですけど、

たまにベランダの窓の鍵が開いてることがあって、外から登って入ることがあったんですよ

で、中学生の時、その日も鍵をどこかに忘れてきた僕はいつものようにベランダに登ろうとしたんですけど、いつもは隣の家の壁と我が家の壁を上手いこと使って登ってたのを、その日はめんどくさくてうちの軒先にある蛇口に足をかけて登ろうとしたんです

 

足をかけた瞬間は「お、いけるな」と思ったんですけどね

 

 

体重をかけた途端、蛇口がぶっ壊れてとんでもない勢いで水が吹き出し始めました

今まで見たことのない勢いの水は、さながら創世以前の混沌~カオス~のようでした

 

なんとかしようと思いながら水流に突っ込んでいくものの、想像以上の水の勢いに押され、なにもできずただただ身体をぬらすことしかできなかった僕は

 

 

 

 

知らん振りをしようと思いました。

 

家と家の間の隙間に身を潜め、家族の帰りを待つことにしました

やがて一時間ほどたった頃、母の叫び声が聞こえてきました

今考えると家に帰ったら玄関先の蛇口が爆発してたらそら叫びますね

 

母が家に入ったのを確認してから30分ほど後、濡れた服を脱衣所に隠しつつ、何食わぬ顔で「あれ、どしたん?w」と今帰った感を出したのですが、

 

 

 

 

 

 

 

一瞬でばれました。それからしばらく首から鍵を提げて学校に行かされるようになったのは未だに納得がいっていません

 

 

前置きが長くなりましたね

 

 

こん

 

 

 

 

辻利の抹茶ミルクの粉末のやつ、おいしい

 

ささくれを噛み千切るとこを見られても恥ずかしくない程度の仲の良さ

ゴルウィ終わりですね いかがでしたか?

 

ぼくはDLsiteでエロゲを2本買いました

あとは…久しぶりにサンダル履いたら足の皮がベロベロになってしまい、常にウンチを我慢してるような歩き方しかできなくなりました

 

 

いっつも思うんですけど、ゴーウィの日数が年によってまちまちなのめっちゃ良くないですか?

やっぱりメリハリが大事といいますか、毎年10連休とかあるとありがたみが薄れると思うんですよね

 

 

俺は脳髄がソーシャルゲームに完全に破壊されているのである程度のランダム要素は何でも面白く思えるだけかもしれませんが…

 

 

 

皆の笑顔が一番の報酬。こんばんは 大納言です

 

 

 

 

 

 

イ・デホ

 

 

 

 

 

 

漫画の描き方の癖と口臭って似てませんか?

 

どちらも多分本人はそんなに意識してないんだけど人に指摘されるとすごく恥ずかしくなるみたいな そんなとこありませんか? 

漫画の描き方つっても「画面を分割して絵を入れるとなんかできる!」ということしか知らないので下手なことは言えないのですが…

 

 

小学生のとき、お兄ちゃんと遊んでるときに「お前くちくっさ!」と言われたのが本当にショックで、それから必要以上に歯を磨くようになったんですけど、身内じゃなくて友達とか異性に言われてたら立ち直れなかったかもしれないですね X-menゼロのデッドプールみたいにお口チャックしてたかもしれないです

 

 

 

 

 

他の人のブログ見ると最近あったこととか旅行の話とかしてるのに対して俺ってほんとに自分の方向いて自分の話し続けてるだけですね

 

ブログに限らず二次創作も自分のことしか考えてないのでそりゃフォロワーも増えないという感じ そうなんですよ 最近フォロワー増やしたいんですよ Pみさを描いてもらうために…

 

 

 

 

インターネットに散らばる怨念が集まり一つの人格を成しているのが俺なのでころっころ一人称が変わるし名前もアイコンも一生しっくりこないんですけど、今のツイッターアカウント作るまで完全匿名のインターネットに慣れていたせいだと思います 

 

 

全員が同じ立場に立ってる中面白いことをすると少しの間注目されて、やがて不特定多数の波の中に戻るっていうのは結構居心地が良くて

Twitterみたいに匿名とはいえ一人のキャラクターとして発信していくのも楽しいんですけど、たまに息苦しさを感じないこともない

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オタクが憎い…

 

 

 

しょうもない人生をそれなりに

andymoriの『Life is party』という曲が好きだという話をします

 

https://youtu.be/hEAIiD8C5a8

 

 

俺がandymori好きな理由の1つとして、全体に爽やかな諦観が見えるところがあるんですけど、諦観って見方を変えれば「悟り」とも言えると思うんですよね

 

ボーカルの小山田壮平は大学時代にインドに一人旅をしていて、度々歌詞にインドの要素が出てくるんですけど、この「Life is party」という曲はその最たるもので

 

 

昔インドの偉い人 サフラン色の風の中

Life is Maya つぶやいた

 

 

という歌い出しから始まるんですが、「Life is Maya」の「Maya」、マーヤーとは、ヒンドゥー教で「幻影」という意味で使われている言葉であり、「現実世界は幻影に覆い隠されている」と考えられていて

 

 

勘違いの連続が僕らの人生なら

Life is party

 

 

歌い出しから続く部分の歌詞なのですが、「人生は幻想で勘違いの連続だけど、だからこそ人生はパーティさ」と言っているようにみえますが、これも投げやりなヤケクソ感に近い「悟り」なんだと思うんですよね

 

でも完全に人生を投げてるわけじゃなくて、

 

 

 

楽園なんてないよ 楽園なんてあるわけない

友達も繰り返してる Life is party 

 

 

友達はこう言うけれど、

 

 

10年たったら旅にでよう南の国がいいな

みんなきっと驚くって 絶対ね

Life is party 胸の中そっと燃えるランプについて

友達も知らないよ 分かってないよ

 

 

友達は知らないけど、心の中には確かに炎が燃えているし、未来にも楽しいことが待ってるはずなんだ という希望も持ってる

 

 

総じて「人生なんてこんなもんだけど、だからこそ捨てずに楽しもうぜ」というメッセージを感じて、そこにすごく惹かれるんですよね

 

 

 

それだけです言いたいことは